menu
HOME > 企業情報 > CSR活動 > 公正な事業活動 > 労働安全衛生宣言

公正な事業活動

労働安全衛生宣言

伸和コントロールズおよびグループ会社は、労働安全衛生活動の実施が、企業活動の基盤の一つであることを認識し、全従業員と利害関係者および地域社会に対する安全・健康を阻害する影響を無くすため、労働安全衛生に関するマネジメントシステムの継続的な改善を図り、リスクを最小化することにより、安全で衛生的な職場環境を追求していきます。

伸和コントロールズ株式会社
代表取締役社長 幸島 宏邦



労働安全衛生基本方針

1.リスクと機会の明確化と評価
事業活動の労働安全衛生におけるリスクと機会を評価、明確にし、重要な要素については、目標を定めて、取り組みます。

2.コンプライアンスの遵守
労働安全衛生に関するすべての法令、規則、利害関係者からの要求事項等については、確実に順守して、より一層の労働安全衛生管理に努めます。

3.安全・健康阻害要因の排除
安全・健康を阻害する要因を特定して、除去することにより、労働安全衛生リスクを低減します。

4.従業員を守るための行動
当社が行う事業活動の全段階を通じて、労働安全衛生に与える影響の中から優先的に取り組む必要がある以下の項目に対しては、全社的な活動として行動していきます。
1)過重労働及びメンタルヘルスによる健康障害を防止するため、労働安全衛生管理体制の充実を図り、従業員の健康保持増進を推進します。
2)全従業員と利害関係者の意見を反映させるため、きめ細かなコミュニケーションを図り、全員参加の活動を実行します。

5.知識・技能の習得と意識向上
労働安全衛生活動を取り組むために必要な知識、技能を身につけて、意識をさらに高める教育・訓練について、明確にし、計画的に実施していきます。

6.労働安全衛生宣言の周知
当「労働安全衛生宣言」は、文書により、全従業員と利害関係者に周知して実行させ、社外にも公開をします。