menu
HOME > 企業情報 > CSR活動 > 公正な事業活動 > コンプライアンス宣言

公正な事業活動

コンプライアンス宣言

伸和コントロールズおよびグループ会社は、従業員、顧客、協力会社、地域社会を含むステークホルダーに、信頼され、かつ必要とされる企業でありたいと考えます。そのために、以下で示すコンプライアンス行動指針に沿って、法律はもちろん、社会規範、社会倫理に深く配慮する職場環境の整備を進めてまいります。



伸和コントロールズ株式会社
代表取締役社長 幸島 宏邦



コンプライアンス行動指針

当社では、コンプライアンスの方針、体制、実施、運営方法を定め、企業の社会的責任を深く自覚し、日常の業務遂行において関係法令を遵守し、社会倫理に適合した行動実践することを目的とし、コンプライアンス規程を定めています。

コンプライアンス規程に定める遵守事項

1 社会との関係
 (1)地球環境の保全と循環型社会の構築に資するため、製品の原料調達から製造、流通、使用、リサイクル・廃棄までのライフサイクルにわたって生じる環境への影響を
    低減すると共に、関係法令を遵守する。
 (2)違法な行為はもちろん、不当な手段による利益の追求や、社会的に説明のできないような不透明な行為及び金品のやり取り、贈収賄、汚職、強要、横領、また当社の
    信用、名誉を毀損するような行為を禁ずる。
 (3)地域社会と密接な連携・協調を図り、良き企業市民として社会貢献活動を行う。
 (4)企業の倫理的使命として、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体に対し、毅然とした態度でのぞみ、一切の関係を遮断する。
2 顧客との関係
 (1)常に顧客の立場に立ち、当社の提供する製品・サービスの品質及び安全性を優先する。
 (2)製品・サービスの品質、安全に関する事故、トラブルの未然防止に万全を期すと共に、万一、事故、トラブルが発生した場合は、誠実かつ迅速に対応する。
 (3)競争を阻害しかねない製品価格、入札、生産量等において、談合およびカルテルを禁ずる。
3 協力会社との関係
 (1)すべての協力会社との間で、下請法を遵守し、誠実で公正な取引を行い、透明な関係を維持する。
 (2)不合理な商慣習には従わず、協力会社に対し、常に誠実かつ公正に接する。
 (3)業務に関連して、利益や便宜の供与を受ける等の個人的な利益の追求を行わない。
 (4)取引先等との接待や贈答品の授受に関して、健全な商慣習や社会的常識に沿った行動をする。
4 会社財産・情報の管理
 (1)有形・無形を問わず、社内規程に従って会社財産と企業情報を厳重に管理し、不正な利用を行わない。
 (2)他人の権利・財産を不当に利用・侵害せず、これを最大限尊重する。
 (3)当社の秘密情報(個人情報を含む)を厳重に管理し、在職中のみならず退職後も不正又は不当に利用・開示・漏洩しない。
 (4)不正に顧客、取引先等の秘密情報にアクセスしたり、入手したりしない。
 (5)研究開発等の成果を知的財産権として積極的に確保するとともに、第三者の知的財産権を尊重し、侵害しないように努める。
 (6)会社情報(公募、製品詳細、会社及び施設のプロモーション(冊子及びチラシ)、商業広告、プレスリリース、ウェブサイト等)を公開する場合、内容が法令に則っ
    ており、不正確な情報開示を行っていないことを、稟議手順に従って確認すること。
5 従業員との関係
 (1)基本的人権の尊重はもちろんのこと、個人のプライバシーを尊重する。
 (2)出生・国籍・民族・信条・宗教・性別・年齢・各種障害・趣味・学歴等合理的な根拠のない差別的取扱いや虐待、セクシャルハラスメント等のいかなる嫌がらせも容
    認しない。
6 国際社会との関係
 (1)国際社会の一員として関係各国の法令・国際ルールをよく理解・遵守し、健全な事業活動を推進する。
 (2)現地の社会との積極的なコミュニケーションを図り、人権、文化、伝統、慣習を尊重し、現地との友好的な関係を維持・促進する。