menu
HOME > 製品開発について

製品開発について

各設計工程で専門スキルを集結し、製品の開発・生産からサポートまで一貫して行っております。


システム設計

装置の基礎となる冷凍空調システムの設計を行います。たとえば、冷凍回路構成の決定、主要部品の配置順・制御方法の検討や、各回路のマスバランス・ヒートバランスの検討など、お客様のご要件を満たすための基礎を固めていきます。

■冷凍回路設計技術(モリエル線図)
■超低温・高温領域における流体の制御・計測技術
■マテリアルバランス、アウトガス評価による分析技術
 ※-120℃露点計、イオンクロマト、ガスクロマト保有、極小スーパークリーンルーム保有
■原単位算定による省エネ効果と性能仕様の比較評価
■伝熱工学を利用した各種熱交換器の設計、選定
■各種の安全仕様への対応(SREMI規格、CEマーキング等)





メカ設計

3D CADを用いての図面作成や、強度・耐震などの各種計算を実施します。たとえば、3D CADによる構造部品の配置・配管の設計を行ったり、板金部品の強度計算を行ったりします。

■溶接レス設計やモジュール設計による構造の最適化
■期待寿命設定による機器選定と評価(部品レベルの信頼性試験)
■応力振幅の測定による疲れ寿命診断
■CAEを利用した機械部品の強度解析
■板金・機械加工部品の設計・製図
■金型、加工治具、搬送治具の設計
■鉄鋼材料の腐食防食と塗装・表面処理技術






サンプル

装置の詳細設計の工程です。製造前に様々なシュミレーションを実施し、想定される障害などを入念に確認し、解消します。たとえば、熱空調の熱流体シミュレーションを行い、製造前に空気の流れと温度分布を検証することで、製品の信頼性を向上することができます。

■信頼性設計技術
■生産性、組立性を考慮した設計技術(生産性シミュレーション)
■熱流体解析、構造解析、磁気解析、等の解析技術
■設計製品の評価
■温湿度、振動、電気特性の計測技術
■機械加工、板金加工、樹脂成型、等の加工法の知識
■品質の安定した効率的な生産工程の設計
■生産設備、治工具の設計技術




エレキ(ハード)設計

エレクトロニクス設計を行う工程です。電気回路設計や、構成部品の選定、制御盤レイアウト設計など、装置内部の詳細な設計業務を行います。

■要求仕様書の作成
■コンプレッサなどの駆動機器の消費電力算出
■制御機器の選定
■電気系統図(ブロック図)作成
■制御盤概略サイズ見積り
■制御盤内熱計算
■各種シミュレーション






エレキ(ソフト)設計

装置を動かすためのソフトウェア作成を行う工程です。シーケンス制御や、顧客装置とのインターフェース、機器操作時のインターフェース設計、システムの異常検出などを実施します。

■要求仕様書の作成
■制御系統図の作成
■動作タイミングチャートの作成
■動作フロー、状態遷移図の作成
■異常処理一覧の作成
■テスト計画書の作成
■テスト結果妥当性の確認