menu
HOME > Newsroom > 社員食堂で「Meat Free Friday」

Newsroom

社員食堂で「Meat Free Friday」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社員食堂で「Meat Free Friday」




2019年5月17日
伸和コントロールズ株式会社

オーガニック社員食堂で「Meat Free Friday

社員の健康、地球環境のため、そして社会貢献のために

豆腐ナゲット.jpg 高野豆腐スパゲティ.jpg ポークカレー.jpg

 
 伸和コントロールズ株式会社(神奈川県川崎市麻生区)には、オーガニック社員食堂(食堂名:en-kitchen)があります。保存料や化学調味料に頼らない手づくりの料理で社員の健康を促進するとともに、社員食堂を食文化について学ぶ場としても位置づけ、動物性の食材を使わない食事(Meat Free)を提供しています。
 2019年5月からは、これまで月2回の提供だったMeat Freeを、「Meat Free Friday」として毎週金曜日に行うことになりました。
 社員たちは、健康を促進するとともに、地球環境について考えながら食事をしています。

 社員食堂「en-kitchen」の運営は、「オーガニック食材を生かした料理」をコンセプトに掲げる、株式会社el&s(イーエルアンドエス)が行っています。料理には有機栽培で生産を行う全国の農家から仕入れた食材を使用し、自然価値を高める活動を支援しています。


■この件についてのお問合せ

LOGO_PNG.png
伸和コントロールズ株式会社 経営企画本部 向山優樹

電子メール:info@shinwa-cont.com / 電話:044-986-1861
el&sロゴ.png
株式会社el&s 代表取締役 塚本サイコ
電子メール:contact@elementallife.jp


私たちは一企業の社員食堂から、人間と自然が共存できる「持続可能な社会」への転換を発信していきます。

ミートフリー関係3種.jpg

社員食堂のコンセプトは「つながり」
 食堂を利用することで、社員や家族、地域の方やお客様、世界の文化、環境など、あらゆるものとの「つながり」を感じて欲しいという思いが込められています。また、当社は半導体やディスプレイの製造現場で使用される精密温調装置の開発・生産を行う装置メーカーです。食堂名「en-kitchen」には、コンセプトの「つながり」をあらわす「縁」や、世界へ向けた超一流の技術を生み出すエンジニアの「en」などの意味が込められています。

保存料や化学調味料を使わない、すべて手づくりの食事
 食堂の運営は、「オーガニック食材を生かした料理」をコンセプトに掲げる、株式会社el&s(イーエルアンドエス)に委託しています。食材は無農薬にこだわって生産を行う全国の生産者から仕入れており、料理はすべて手づくりで調理されます。

定期的に「Meat Free Friday」を開催
 食堂を食文化について楽しく学ぶ場としても位置づけ、毎週金曜日に動物性の食材を使わない食事「Meat Free Friday」を開催しています。ベジタリアンメニューを提供し、食文化の多様性についての理解や、肉食を避けることで実現できる環境保全活動への理解も促進しています。

明治大学黒川農場の野菜を使い、地域とのつながりを
 本社と同じ川崎市麻生区にある明治大学黒川農場で作られた有機野菜を食材に取り入れています。健康への配慮だけでなく、地域で活動する皆さまを応援すること、提供される食材の背景を知ることで、地域や生産者への感謝の気持ちが生まれ、毎日の食事がさらに豊かになります。

en-kitchenのビジョン
 社員食堂「en-kitchen」は、社員だけでなく、来社されたお客様や、要望があれば社外の方でも利用していただけます。今後は「en-kitchen」をたくさんの方に利用して頂き、多くの「つながり」を築いていきたいと考えています。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加